リファレンスチェック(採用前の調査)

【応募者の「働き手としてのバランス」を見極める】

 

 

ヴィダモール調査事務所の尾崎です。

経営者さんにお目にかかる機会があると、新規雇用の話ももちろん頻繁に出てきます。

そんな時「とにかく性格が素直が一番!」というご意見がよく聞かれます。

 

 

常日頃、採用前のリファレンスチェック(人事採用調査)に長年携わっている私としましても

「性格が一番、素直が一番!」というご意見には賛成です。

 

 

さらに言えば「バランスの良さ」という事が、何より大切であると考えます。

 

 

採用前の筆記試験や面接、実技試験、そしてリファレンスチェックによる前職や前々職の確認

から応募者の「人となり」を可能な範囲で知り、応募者の「働き手としてのバランス」を

想像して、自社の現状にあてはめて考えてみると、自社にマッチするのか?それとも

ちょっと違うのか?が浮き彫りになってくると思います。

 

 

応募者の適正を出来る限り正しく把握して採用すれば、研修から入社に至るまでの計画を立てやすく

「人」の部分でビジョンを描きやすくなります。

 

 

「人材」の充実があってこそ、会社の3年先、5年先さらには10年先のビジョンが描け、

実現化していけるのです。

 

 

逆に、「トラブルメーカー」と呼ばれるような人材を採用してしまった場合には、事業計画以前に

トラブルの解決に翻弄されてしまい、経営者、管理者が疲弊して、他の従業員にも大きく

悪影響を及ぼすという事態にもなりかねません。

 

企業活動の安定の為に、雇用時の情報の一部として、リファレンスチェックをご活用下さい。

『○○な事が気になる(知りたい)けれど、これって調査出来る?』
気になることがあれば、ぜひ一度お問い合わせください!

ヴィダモールへのご相談・お見積りは無料!
お電話でのお問い合わせ
0120-783-797(年中無休、10:00~20:00)

メールでのお問い合わせ
年中無休、24時間受付中

創業60年以上の信頼と実績!ヴィダモールが選ばれる理由

創業以来、延べ237,000件以上の豊富な調査実績とノウハウ
ご相談内容にあった最適な調査をご提案
クライアント目線に立ち、「知りたい情報」を調査・収集
経験豊富な調査員が正確な情報を迅速に報告
ご予算にあわせたオーダーメード調査も可能

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめです