【社内金銭トラブル】多額の借金に苦しむ従業員

従業員の社内金銭トラブルを経験されている事業主の方は

小額のものも含めると、かなり多いのではないでしょうか・・・

 

たとえば、

①従業員同士の借金トラブル

②保証人を頼まれて断れないケース

③会社のお金を流用、横領

 

そして、社内だけに留まらず

取引先への水増し請求などにすすんでしまう

場合もあり、そうなると会社としての信用も

失ってしまいます。

 

問題を起こした従業員が、御社に入社後に

借金が出来た場合は別として

すでに入社時に借金で悩んでいたのならば

採用前のリファレンスチェックを実施すると

かなりの確率でその事情が読める、はっきりと

前職場などで聞き取りが出来る場合も多く、

金銭トラブルを回避することが可能になります。

 

 

どうしても採用したい優秀な人材であれば、

しっかりと本人と話し合って契約をするという

方法も考えられるかと思います。

 

 

実際に、当社のクライアント企業様からの

ご意見で、「リファレンスチェックをするように

なってから、金銭トラブルが激減した」という声を

多く頂いています。

 

金銭トラブルは「金銭」の問題だけでなく、

従業員全員のやる気に水をさす、他の金銭トラブルを

誘発させる、等の問題も潜んでいます。

 

リファレンスチェック実施をしっかり仕組み化して

頂き、「公正な採用」という観点を忘れずに

人事採用を行っていただくためのお手伝いを

させて頂けたら幸いです。

 

リファレンスチェックに関するご質問などは

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

『○○な事が気になる(知りたい)けれど、これって調査出来る?』
気になることがあれば、ぜひ一度お問い合わせください!

ヴィダモールへのご相談・お見積りは無料!
お電話でのお問い合わせ
0120-783-797(年中無休、10:00~20:00)

メールでのお問い合わせ
年中無休、24時間受付中

創業60年以上の信頼と実績!ヴィダモールが選ばれる理由

創業以来、延べ237,000件以上の豊富な調査実績とノウハウ
ご相談内容にあった最適な調査をご提案
クライアント目線に立ち、「知りたい情報」を調査・収集
経験豊富な調査員が正確な情報を迅速に報告
ご予算にあわせたオーダーメード調査も可能

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめです