第二新卒採用にもリファレンスチェックが必要?

当社でリファレンスチェック、採用調査を実施しているケースの

大半は、社会人経験のある転職の方々の採用時のものです。

 

最近は「第二新卒」、つまり新卒でどこかの企業に

採用になったが、3年以内に退職し、新たに就職活動をしている

方々の採用をお考えの企業様より、お問い合わせを頂くように

なりました。

 

企業としては応募者の持つ適性・能力を基準として採用選考を行う

ことは当然の事ながら守られなければなりません。

 

人間尊重の精神、応募者の基本的人権を尊重する採用選考を

行うというのが、公正な採用選考の基本的な考え方とされて

おり、これに対しては何の異議もなく、「人権」について

正しい理解と認識を持ち、採用に臨むことが必要不可欠で

あり、当社でも調査員に対する研修や勉強会を定期的に

行い、常に意識して業務に当たれるように日々努力を

重ねております。

 

面接に提出された履歴書や職務経歴書、そして面接で

ご本人から申告のあった内容が事実であるか?を確認するのが

リファレンスチェックの基本です。

 

企業が担う社会的責任を理解し、利潤を追求する、企業としての使命を

果たす為に日々努力を重ねる為には、新しく仲間となり共に

働き、社会貢献をしていく人材について、採用前にバックグラウンドを

確認する事で

 

①トラブルを未然に回避できる可能性が高くなる

②経費の削減になる

③企業内の人間関係が円滑になる

 

等の利点があります。

 

 

新たにリファレンスチェックの導入をお考えの企業様も

お気軽にお問い合わせをいただけますと幸いです。

 

 

どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

『○○な事が気になる(知りたい)けれど、これって調査出来る?』
気になることがあれば、ぜひ一度お問い合わせください!

ヴィダモールへのご相談・お見積りは無料!
お電話でのお問い合わせ
0120-783-797(年中無休、10:00~20:00)

メールでのお問い合わせ
年中無休、24時間受付中

創業60年以上の信頼と実績!ヴィダモールが選ばれる理由

創業以来、延べ237,000件以上の豊富な調査実績とノウハウ
ご相談内容にあった最適な調査をご提案
クライアント目線に立ち、「知りたい情報」を調査・収集
経験豊富な調査員が正確な情報を迅速に報告
ご予算にあわせたオーダーメード調査も可能

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめです