浮気問題を乗り越えるために大切なプロセス「素直な気持ちを言葉にしていますか?」

あなたの「浮気を乗り越えて前に進む」を支えるのは「あなた自身が放つ言葉」

 

株式会社VIDAMORの尾崎友美です。

ヴィダモール調査事務所は女性に優しい探偵社です。

 

私は職業柄、多くの浮気問題に悩む人の相談に対応し、

一回のご相談は通常1時間~1時間半ですが、

長時間(3時間~4時間程度)に亘りお話をお聴きする事も珍しくありません。

 

 

事情は皆様それぞれではあるのですが、結果として共通している点は

「浮気問題がはっきりと夫婦間で話し合われていない」という点です。

 

 

なぜ話し合われていないのか?

 

浮気をしている配偶者が浮気を認めない場合もあります

話そうとしてもはぐらかされる

逆ギレされる

話したらお金を家にいれてもらえなくなりそうで言えない

子供がいるから今は話し合えない

 

このように様々な問題が理由としてあるかと思います。

 

 

それぞれのケースにはそれぞれの理由、事情がありますから

一概には言えませんし、とても繊細な問題ですので、丁寧に

ひとつひとつ考えていかなければなりません。

 

 

ですけれども、ここでお伝えしておきたい事があります。

 

 

それは「浮気問題について話し合う」と言いますと、

何となく「どうして浮気するの?」とか、

「相手はだれ? いつから? なぜそんな事になるの?」

というように、当然といえば当然なのですが、

 

浮気を問い質す=話し合う

 

の構図になってしまいがちかと思います。

 

 

しかし、「話し合う」ということの中には

「自分の気持ちをきちんと言葉にして相手に伝えて、

相手にそれをしっかりと理解してもらえるまで

話す」という事も忘れてはならないと思います。

 

 

浮気で悩んでいるみなさんの中にもしも

ご自身の気持ち(希望)をちゃんと言葉にして配偶者に伝えて

いない方が居られたら、一度しっかりと自分のお気持ちと向き合い、

素直な気持ちを言葉にしてみることから初めてみませんか?

 

 

「どうして浮気してウソばっかりつくの?」

と責めるのではなく

 

 

自分の気持ちを伝えるのです。

素直な気持ちを伝えるのです。

 

 

伝えたところで、そのとおりに

配偶者がしてくれるか?、それは

わかりません。

 

 

配偶者という身近な関係であっても、

あなたではないですよね。

別の人格です。

 

 

だから一旦先入観(どうせ聞いてくれない、

どうせ言ってもその場限りで守ってくれない、等)

を手放して、純粋にご自身の思い、感じていること等

を表現して配偶者に伝えてみて欲しいのです。

 

 

二人で向き合って座り、話しあいを出来る

ご夫婦であれば、気持ちを伝えることは

可能だと思います。

 

話し合いも出来ないような状況の場合は

可能ならばカウンセリングを是非受けてください。

 

詳しくご事情をお聴きして、一緒に考えていきます。

 

 

 

色彩心理カウンセラー&夫婦カウンセラー

おざきゆみ

 

 

 

 

『○○な事が気になる(知りたい)けれど、これって調査出来る?』
気になることがあれば、ぜひ一度お問い合わせください!

ヴィダモールへのご相談・お見積りは無料!
お電話でのお問い合わせ
0120-783-797(年中無休、10:00~20:00)

メールでのお問い合わせ
年中無休、24時間受付中

創業60年以上の信頼と実績!ヴィダモールが選ばれる理由

創業以来、延べ237,000件以上の豊富な調査実績とノウハウ
ご相談内容にあった最適な調査をご提案
クライアント目線に立ち、「知りたい情報」を調査・収集
経験豊富な調査員が正確な情報を迅速に報告
ご予算にあわせたオーダーメード調査も可能

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめです