Relationship difficulties

プロの先入観を持たない視点が浮気問題の早期解決をサポートする

 

大阪の探偵社・株式会社VIDAMOR代表の尾崎友美です。

 

調査業をしていて常に意識している事があります。

それは、「先入観を持たずに観る」という事です。

 

浮気調査の場合もそうだと思います。

依頼者からの前情報はとても重要なリソースではありますが、

全面的に依頼者からの情報を信頼して疑う事をしなければ

調査で結果は出せないと思っています。

 

 

まず、浮気調査の場合、依頼者のほとんどが、ご自身の夫婦の問題であり、

ご自身の配偶者の問題であり、ご自身のご家庭の問題の依頼です。

 

 

「私のことだから、私が一番よくわかっている」

「長年連れ添っている配偶者の行動パターンは大体はわかっている」

「浮気相手は○○だろう」

「浮気相手は▲▲周辺に住んでいる可能性が大です」

 

 

こんなお気持ちがどなたにも大なり小なりあります。

ぴったり一致する場合ももちろんありますが、

そうでない場合も多いのです。

 

 

実際に調査を開始しますと、依頼者様も驚くような

行動パターンが発覚したり、全く気づいていなかったような

場所に行っていたりする訳です。

 

浮気問題が浮上しているという事は、少なからずとも

お二人のコミュニケーションは円滑という訳ではありませんので、

たとえば、浮気の証拠を集めようと配偶者がお風呂に入っている

間にスマホを見たり、財布の中を見たり、手帳を開いたり、

通帳を見たり・・・

探しているご本人は絶対にバレないと信じて居られても、

実はきれいに知られている事も多くて・・・

 

「あいつ、またチェック入れてるな」と思っていても

知らぬ振りをして、互いに腹の中を探りながら慎重に

行動をしている時期もあるかと思います。

 

 

話は先入観に戻りますが、

「思い込み」という色眼鏡を掛けてみている事柄に

対しては私たち探偵社は充分に注意をして調査にあたる必要が

あります。

 

心理カウンセリングの家族療法の講座を受講していた時に

よく耳にしていた言葉は「家族は灯台下暗し」でした。

 

きっと誰が悪いわけでもなくて、家族という単位は時に

見えなくなる、見失う事があるのでしょうね。

 

だからこそ、やはり浮気・不倫問題で悩んでいる時には

信頼出来る人物や、私たちのような専門家に話す、

アドバイスをもらう、別の視点からのアイディアを

もらう、という事が大切だと感じます。

 

私たちは常に、先入観を持つ事無く、しっかりと

ひとつひとつの案件に対して、決して同じものは

存在しないという考えを大切にしながら、相談~調査

を行っています。

 

どうぞご自身だけで解決しようと考えずに、

心を開いてご相談下さい。

必ず、気持ちが楽になり、最善の方向へ向かいます。

 

お気軽にご相談下さい。

 

心理カウンセリングは60分 6480(税込み)です。

担当は尾崎友美(色彩心理カウンセラー&オーラソーマプラクティショナー)

 

 

 

『○○な事が気になる(知りたい)けれど、これって調査出来る?』
気になることがあれば、ぜひ一度お問い合わせください!

ヴィダモールへのご相談・お見積りは無料!
お電話でのお問い合わせ
0120-783-797(年中無休、10:00~20:00)

メールでのお問い合わせ
年中無休、24時間受付中

創業60年以上の信頼と実績!ヴィダモールが選ばれる理由

創業以来、延べ237,000件以上の豊富な調査実績とノウハウ
ご相談内容にあった最適な調査をご提案
クライアント目線に立ち、「知りたい情報」を調査・収集
経験豊富な調査員が正確な情報を迅速に報告
ご予算にあわせたオーダーメード調査も可能

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめです