取引上の大きなミスをした社員の行動調査

【社員の素行調査 事例】

 

営業職の男性で在職して4年が経過し、主要取引先企業の担当に抜擢された

人物でしたが、抜擢から約半年後に大切な取引先との契約で大きなミスを

してしまい、取引先との信頼関係にかなりのダメージがあり、その後の

話し合いや解決のために、弁護士も入れていましたが、当事者の男性

社員が突然心療内科の診断書を提出し、休職願いを出して、出社しなく

なってしまいました。

 

雇用側としては、とにかく弁護士にも何度も相談を重ねて、取引先と

今後の取引先との契約を守る為に全力を尽くしていましたが、

当の男性社員の様子がどうも社長の腑に落ちず、とにかく休職中に

どんな行動をとっているのかを知った上で、今後について考えて

いきたいとのご要望で、素行調査を実施しました。

 

 

1週間の調査から判明したのは、男性社員の「ギャンブル依存」でした。

朝から夜までスロットを続ける男性社員の行動から、勤務中もおそらく

同じような行動をしていたであろう、という事がわかりました。

 

いったいいつからなのか?

 

それは今となってはわかりませんが、少なくても今回の大きなミスには

このような「依存症」が隠れていたのだという事でしょう。

 

 

たった一人の従業員の「サボリ・不正行為」が、会社の存続に関る可能性も

決して否定は出来ないのです。

 

 

従業員のちょっとした変化に出来れば早く気付き、対処するのも

大切ですが、起こってしまった問題に対しては早急に「事実関係」を

はっきりさせて、1日も早い解決を目指したいものですね。

 

当社では素行・勤怠調査の実績も多数ございます。

お気軽にご相談下さい(相談無料)。

 

 

 

 

『○○な事が気になる(知りたい)けれど、これって調査出来る?』
気になることがあれば、ぜひ一度お問い合わせください!

ヴィダモールへのご相談・お見積りは無料!
お電話でのお問い合わせ
0120-783-797(年中無休、10:00~20:00)

メールでのお問い合わせ
年中無休、24時間受付中

創業60年以上の信頼と実績!ヴィダモールが選ばれる理由

創業以来、延べ237,000件以上の豊富な調査実績とノウハウ
ご相談内容にあった最適な調査をご提案
クライアント目線に立ち、「知りたい情報」を調査・収集
経験豊富な調査員が正確な情報を迅速に報告
ご予算にあわせたオーダーメード調査も可能

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめです