応募者の履歴書の記載方法やその文章等から

その応募者の性格的特長や、心理的な状態などを

読んでいく事はとても大切なプロセスです。

 

「応募者が申告する前職または、前々職の在籍期間が正確なものかどうか?」

の確認をする「リファレンスチェック」は、時と場合によっては

「そこまでしなくても良いのではないか」と思われる事もあるでしょう。

 

しかし、私自身が長年の調査業務から得た経験として、

「リファレンスチェックで在籍期間を確認する→合否を決定する」

この段階を確実に踏んで採用を繰り返す企業は、年々人事関連の

問題、トラブルは減り、長い目でみると業績を向上させる為の

基盤を確実なものにするのだという事を日々感じています。

 

採用側からすれば、履歴書にブランク期間がある場合、

どうでしょうか?

「ブランク期間はどうやって生計を立てていたのか?」

と疑問に思うのは当然です。

 

半年を越えるブランクがある場合なおさら気になります。

そして、ブランク期間を事実のまま申告する応募者ばかり

ではない事は言うまでもありません。

 

◆ブランクが生まれないように、在籍期間を長く記載して

嘘の申告をする。

◆面接に行っただけの企業にあたかも在籍したかのように

記載する。

 

リファレンスの結果、残念ながらこのような事実が明らかに

なる事は珍しくありません。

 

本人は何の悪気もなく在籍期間を曖昧に記載しているだけ

の可能性もあります。

 

それぞれの企業、ポスト、職種に合わせて最善の人材登用が

可能になるよう、当社ではリファレンスチェックという形で

サポートさせて頂いております。

 

また当社では、企業様の採用方法に出来る限り合わせたプランを

ご提案しています。

お気軽にご相談下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『○○な事が気になる(知りたい)けれど、これって調査出来る?』
気になることがあれば、ぜひ一度お問い合わせください!

ヴィダモールへのご相談・お見積りは無料!
お電話でのお問い合わせ
0120-783-797(年中無休、10:00~20:00)

メールでのお問い合わせ
年中無休、24時間受付中

創業60年以上の信頼と実績!ヴィダモールが選ばれる理由

創業以来、延べ237,000件以上の豊富な調査実績とノウハウ
ご相談内容にあった最適な調査をご提案
クライアント目線に立ち、「知りたい情報」を調査・収集
経験豊富な調査員が正確な情報を迅速に報告
ご予算にあわせたオーダーメード調査も可能

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめです